自作パーツ

C#入門

【C#】DataTable にLinqを使うと、めっちゃ便利!5選

一覧形式のデータを保持するのに便利なDataTableクラスですが、これにLinqを使うと、ループでごちゃごちゃやっていた処理が、たった1行で済んでしまいます。 今回は、DataTableを扱う上で、知っておくと便利なLinqの使い...
C#入門

【コピペで完了】C#からPythonを呼び出して結果を表示!

AIブームの昨今、Pythonが人気沸騰中です。 しかしながら、画面操作を伴うようなプログラムはPythonだと非効率ですよね。 そこで、入力操作はWindowsFormやWPFによる画面を使い、そこから必要な時にPython...
C#入門

【WPF】ユーザーコントロールのデモプログラム Part-1「ファイル選択/フォルダ選択/DataGrid」

これまでに、WPF版のユーザーコントロールとして、フォルダ選択ダイアログ、ファイル選択ダイアログ、DataGridユーザーコントロールの3つを公開しました。 今回は、そのユーザーコントロールを使ったデモプログラムを作成したので公開し...
プログラミング入門

【WPF】DataGridをユーザーコントロール化しよう

データを一覧形式で表示する事って結構よくあります。 こんな時に登場するのがDataGridなのですが、標準機能はシンプルなので、行番号の表示やCSV読み込み、クリップボードからの貼り付け、表示データの絞り込みや検索機能など、色々と付...
C#入門

【C#】CSVの読み込みと書き込みを部品化しました!

DIYプログラミングにおいて、C#を使ったCSVファイルの読み込み、書き込みは結構需要があります。 Google検索すると、CSVファイルの解説や、C#による読み書きのプログラムのサンプル例はたくさん目にしますが、実際に使おうとする...
C#入門

【WPF】ファイル 選択 ダイアログ ユーザーコントロールを自作しよう!

趣味や仕事に活かせるようなプログラムを作ろうとすると、必ずと言って良いほどファイルを選択する機能が必要になります。 幸いなことにWPFでもファイル選択ダイアログは標準で備わっていますので、今回はそれを使った「ファイル選択ダイアログ」...
C#入門

【WPF】フォルダ 選択 ダイアログ ユーザーコントロールを自作しよう!

DIYプログラミングにおいて、フォルダを選択したいケースはよくあります。 WindowsFormだとフォルダ選択ダイアログが標準で用意されていましたので、ツールボックスからドラッグ&ドロップで画面に張り付ければ事足たのですが、WPF...
タイトルとURLをコピーしました