【初心者必見】Pythonインストールはどれを選べばいい?(Windows)

当ページのリンクには広告が含まれています。

Pythonをインストールする場合、いくつかの方法が存在します。

この記事では、これからPythonを始める人向けに、それぞれのインストール方法について、特徴を交えて解説したいと思います。

これからPythonをインストールしようと思っている方は、とりあえずこの記事を見ておいてください。

目次

Pythonをインストールする4つの方法

PythonをWindowsにインストールする方法は以下の4つがあり、それぞれインストールされる内容が異なります。

入手元インストールされる内容補足
本家Python・Python
・対話型実行環境(Python Prompt)
・最新バージョンの入手が可能
Anaconda・Python
・対話型実行環境(Anaconda Prompt)
・開発ツール類(Jupyter、Spyderなど)
・独自のパッケージ管理ツール(Conda)
・機械学習に必要な一通りのライブラリ
・インストールされるPythonは少し古いバージョン
・インストール後は約5GBのディスク容量を消費
・機械学習を手軽に始めたい人向け
Miniconda・Python
・対話型実行環境(Anaconda Prompt)
・独自のパッケージ管理ツール(Conda)
・インストールされるPythonは少し古いバージョン
・インストール後は約500MBのディスク容量を消費
・不要なライブラリをインストールしたくない人向け
WinPython最小構成から機械学習向けまでいくつかの
バリエーションが用意されている。
・インストールされるPythonは少し古いバージョン
・USBメモリでPython環境を持ち運びたい人向け

本家PythonとAnaconda、Miniconda、WinPthonの関係を図で表すと以下の様になります。

本家Python は最もシンプルな構成で、DOSプロンプトのような対話型実行環境が用意されているだけなので、Jupyter Notebook や Visual Studio Code、PyChart などの統合開発ツールを別途インストールする必要があります。

Anaconda は、Conda Prompt と呼ばれる対話型実行環境の他、Jupyter NotebookやSpyder などの統合開発ツール、Condaと呼ばれる独自のパッケージ管理ツール、そして機械学習に必要な一通りのライブラリが同梱されています。

Miniconda は、本家Pythonに対話型実行環境(Miniconda Prompt)とパッケージ管理ツール(Conda)のみを同梱した最小構成になるので、必要なツール類やライブラリ類は自分でインストールしなければなりません。

WinPython は、Python環境をUSBメモリで持ち運べるようにしたもので、本家Pythonの様な最小構成から、Anacondaの様な機械学習向けのものまで、いくつかのバリエーションが用意されています。

Anaconda、Miniconda、WinPthon に同梱されているPythonは、本家Pythonで最新バージョンがリリースされもすぐに反映されないため、最新であるとは限りません。

最新バージョンのPythonが必要な場合は本家のサイトからPythonをインストールする必要がありますが、通常最新バージョンはバグ等が多く含まれている可能性があるため、安定感を望むなら本家からのインストールを避けた方が無難かもしれません。

インストール方法

では、4つのインストール方法について、それぞれを簡単に説明致します。

本家Pythonからインストールするには

本家Pythonは英語のページになるのですが、Python について詳しく書かれた日本語のサイトが存在します。

本家よりこちらの方が分かりやすいので、こちらのサイトからインストールして下さい。

ちなみに、YouTubeのインストール動画も掲載されています。

あわせて読みたい
Windows版Pythonのインストール - python.jp 以下の手順で、Pythonのインストールを行います。 Python公式サイトから、Pythonパッケージをダウンロードします ダウンロードしたパッケージをインストールします。 Power...

上記サイト経由ではなく、直接ダウンロードページに飛びたい方は、こちらのクリックして下さい。

Anaconda からインストールするには

Anaconda を使ってPythonをインストールする場合は、Anaconda公式サイトから Anaconda をダウンロードして、インストールして下さい。

Anaconda
Free Download | Anaconda Anaconda's open-source Distribution is the easiest way to perform Python/R data science and machine learning on a single machine.

サイトのレイアウトはちょくちょく変わりますが、2022年4月時点のレイアウトを掲載しておきます。

上記サイトから最新版(とはいっても本家Pythonより古いバージョンです)のAnacondaがダウンロードできますが、過去のバージョンが必要な場合は、こちらのURLからアーカイブを探すことが出来ます。

Miniconda からインストールする

Miniconda を使ってPythonをインストールする場合は、下記のサイトから Miniconda がダウンロードできます。

あわせて読みたい

2022年4月現在においてMinocondaをインストールすると、Python 3.9 がインストールされるようです。

Miniconda にいては、こちらの記事にインストール方法を含め詳しく記載しています。

WinPythonをインストールする

WinPythonは自己解凍形式のEXEファイルで提供されているので、インストールと言っても実際は指定したフォルダに解凍されるだけです。

自己解凍形式のEXEファイルは、下記のサイトからダウンロードが可能です。

あわせて読みたい
WinPython - Browse Files at SourceForge.net Portable Scientific Python 2/3 32/64bit Distribution for Windows

ちなみに、WinPythonのバージョンとPythonのバージョンは必ずしも一致していませんのでご注意ください。

WinPythonは、最小構成や機械学習向けの構成など複数のバリエーションがあるので、どれを得れべば良いか分からない場合、こちらの記事に詳しく記載しています。

jyupter notebook をインストールする

本家Python、または miniconda で Pythonをインストールすると、jupyter notobook がインストールされません。

Visual Studio Code などの統合開発環境を使うのなら問題ありませんが、jupyter notebook をインストールしたいのであれば、python prompt 又は miniconda prompt から次のコマンドを実行することでインストールできます。

環境によっては、 pip install jupyter だけで良い場合もあるようです。

まとめ

今回はPythonをWindowsPCにインストールするための4つの方法について解説しました。

初心者の場合はどれをインストールすれば良いのか迷ってしまったり、もしくは何も分からずインストールしてから、後で「しまった!」となることが多いと思います。

今回の記事を参考に、自分に合った最適な方法でPythonをインストールして下さい。

ちなみに、もし仮に間違ってインストールしてしまったとしてもアンインストールしてから最適なものを再インストールすれば問題ありませんので、ご安心ください。

この記事が皆さんのPython入門の一助になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • あぁ〜…。よーやく状況が飲み込めてきました。r(^.^;
    どこのサイトも決め打ち的手法しか書いておらず、何がどうなってるのか、どこまでやらなくてはいけないのか等「だからこうなんだよ」という目的の理由説明がなくて、ずーっと踏み込めてませんでした。
    よーやく分かってきました。ありがとうございました。やってみまーす。(^0^;

コメントする

目次