【ノートPC選び】INTEL Celeron 5205u の性能は?

PCパーツ
この記事は約6分で読めます。

Intel Celeron 5205u は 2020年5月以降に発売された3万~17万円という幅広い価格帯のノートPCに使われているCPUです。

Intel Celeron 5205u 搭載ノートPCはコストパフォーマンスが高いのか、あるいは割高な性能なのか、購入を検討されている方は是非この記事をご一読下さい。

Intel Celeron 5205u とは

Celeron 5205uは、2019年の第4四半期に発売された省電力CPUで、第9世代のCore-i シリーズと同じ発売時となります。

CPUのプロセスルールは6世代と同様の14nm を採用しているものの、グラフィック機能10世代の「INTEL UHD Graphics」を搭載しているのが特徴です。

Celeron 5205u の基本スペックは次の通りです。

CPUコア数:2  スレッド数:2
基本クロック1.9GHz
グラフィック Intel UHD Graphics(第10世代)
TDP15W

Celeron 5205u は 第3世代のINTEL Core-i3 並み

ベンチマークテストで計測したCPUとGPUのスコアを比較すると、 Celeron 5205uの CPU性能は第3世代のCore-i3 と同等であり、グラフィック性能は 第10世代のCore-i3と同等です。

CPUの性能はあまり高くはありませんが、一般的な事務作業であれば問題無く使えます。

以下の用途に限定するなら、動作がイラつくことは無いと思います。

  • ワード、エクセル、パワーポイントなどの文書作成
  • メールの送受信
  • ウェブサイトの閲覧
  • 人事や会計ソフトなどの事務処理アプリの利用程度
  • PythonやRuby,PHP、C#やJavaなどのプログラミングの学習
  • 趣味や仕事で使うちょっとしたプログラムの開発

重いと感じるかもしれませんが、我慢すれば下記の用途も可能です。

  • Zoomによるテレビ会議
  • 十数分程度のフルハイビジョン画質の簡単な動画編集(カット、結合など)
  • デジタル一眼レフカメラで撮影した生データの現像
  • フォトレタッチ

注意点として、PCの性能(サクサク感)はCPUだけで決まるわけではなく、メモリの容量や内蔵ストレージの性能(容量、速度)で大きく変わります。

購入されるノートPCのメモリが2GB以下、ストレージが64GB以下の場合、このCPUの性能が生かしきれなくなるため、購入の際はその辺のスペックもチェックしておいてください。

このCPUが搭載されているノートPCの傾向

5205uが搭載されているノートPCは3万円台~17万円台という幅広い低価格帯のラインナップになっており、メモリは4GB~8GB、ストレージは64GB~256GBと幅広く、Officeがバンドルされているものや、タッチパネルが搭載されているものなども存在します。

2021年末の価格COMに掲載されている製品数は21点でした。

これらのデータを集計すると次の様な結果になりました。

補足 項目 スペック 補足
画面サイズ13.3~15.6インチ約7割の製品が15.6インチ
解像度FWXGA(1366×768)~FullHD(1920×1080)約4割の製品がFullHD
重量1.38kg~2.00kg約5割の製品が1.5kg超え
メモリ4GB~8GB約7割の製品が4GB搭載
ストレージeMMC64GB~HDD1TB約7割の製品がSSD256GBを搭載
約1割の製品がeMMC又はSSDの64GB
DVDドライブ搭載無し、又はDVD±R/±RW/RAM/±RDL約5割の製品が内蔵ドライブ搭載
Office搭載無し、
又は Microsoft Office Home&Bussines 2019 以上
約6割の製品がOfficeを搭載
駆動時間8.6時間~10.5時間約4割の製品が10時間以上
価格4万円台~17万円台平均価格は8.8万円

上記のことから 5205u は、 ワードやエクセルなどの文書作成用途として、会社や自宅で普段は据え置きで利用し、たまに室内での移動や外出での持ち運びがあるといったユーザーをターゲットにしているようです。

価格の幅はオフィス製品の付属有無、タッチパネルの有無、重量やバッテリー駆動時間で各社特徴を持たせているからだと想像出来ます。

オフィス製品を既に持っているとか、オフィス製品は要らないから更に重い処理をしたいという方は、この値段帯で購入できる Core-i3 やCore-i5 搭載のノートPCを探した方が良いでしょう。

ベンチマークで性能を比較

結論を先に描きましたが、ここからはその理由を簡単に説明しておきます。

下記一覧は、 Celeron 5205u のベンチーマーク性能(CPU:PassMakr、GPU:FireStrike) を、Core-i3の世代別性能と比較したものになります。

CPU名称 PassMark GPU FireStrike コア数 スレッド数 TDP 定格
クロック
最大
クロック
Core i3 8130U3804Intel
UHD Graphics 620
9902415W2.2GHz3.4GHz
Core i3 7100U2774Intel
HD Graphics 620
8082415W2.4GHz
Core i3 6100U2628Intel
HD Graphics 520
7072415W2.3GHz
Core i3 5010U2157Intel
HD Graphics 5500
5942415W2.1GHz
Core i3 4025U1930Intel
HD Graphics 4400
4922415W1.9GHz
Celeron 5205U1451Intel
UHD Graphics
(第10世代)
14282215W1.9GHz
Core i3 3227U1295Intel
HD Graphics 4000
4112417W1.9GHz
Core i3 2350M1228Intel
HD Graphics 3000
1982435W2.3GHz

Celeron 5205u は2019年に発売された比較的新しいCPUですが、廉価版のため第3世代のCore-i3の性能しかありません。

Excelやワードなどのオフィス製品、ネットサーフィン、YouTubeやNetFlixなどの動画鑑賞などの軽い用途に限定すれば、ストレス無く使えるでしょう。

グラフィック性能は第10世代のCore-iシリーズと同じチップを搭載しているため、それほど重くない3Dゲームであれば、設定を調整することで十分遊べるレベルになっています。

まとめ

今回は Celeron 5205u の性能について、ネットで公表されているベンチーマークをもとに、Core-i3の中でどの世代に匹敵するかについて検証しました。

このCPUは3万台~17万円台という幅広い価格帯のノートPCに採用されています。

価格はオフィスの有無、タッチパネルの有無などの使い勝手の部分で大きく変わっており、必ずしも価格が高い=「メモリ搭載量が多い」、「ストレージ性能が良い」という訳ではありませんので、購入の際はしっかりチェックして下さい。

この記事が、皆さんのPC購入の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました