【ノートPC選び】INTEL Celeron N3350 の性能は?

パソコン購入
この記事は約5分で読めます。

Intel Celeron N3350 は3万以下の低価格PCに使われているCPUです。

Celeron N4000 や N4020 と並んで人気のあるCPUであり、最近発売された低価格ノートPCにもよく採用されています。

果たしてIntel Celeron N3350 搭載ノートPCはコストパフォーマンスが高いのか、それとも手をだすべきではないのか、知りたい方はこの記事をご一読下さい。

Intel Celeron N3350 とは

Celeron N3350は、2016年の第三四半期に発売されており、第7世代のCore-i シリーズと同じ発売時になります。

また、グラフィック機能は、N4000より1世代古い「UHD グラフィックス 500」と呼ばれるビデオチップを搭載しています。

Celeron N3350 の基本スペックは次の通りです。

CPUコア数:2  スレッド数:2
基本クロック標準:1.1GHz 最大ブースト時: 2.4GHz
グラフィック UHD グラフィックス 500

Celeron N3350 は 第2世代のINTEL Core-i3 並み

ベンチマークテストで計測したCPUとGPUのスコアを比較すると、 Celeron N3500 CPU性能は第3世代のCore-i3と同等で、グラフィック性能は 第2世代Core-i3 より1.5倍優れています。

つまり、2011年に発売された第2世代のCore-i3と同等と考えてよいでしょう。

性能的にはかなり低い部類になるため、一般的な事務作業であれば何とか使えるレベルだと思われます。

例えば、以下の用途が想定されます。

  • ワード、エクセル、パワーポイントなどの文書作成
  • メールの送受信
  • ウェブサイトの閲覧
  • 人事や会計ソフトなどの事務処理アプリの利用程度
  • PythonやRuby,PHP、C#やJavaなどのプログラミングの学習
  • 趣味や仕事で使うちょっとしたプログラムの開発

下記の作業を考えるならストレスを覚悟するか、もう少し性能の高いノートPCを検討した方が良さそうです。

  • Zoomによるテレビ会議
  • 十数分程度のフルハイビジョン画質の簡単な動画編集(カット、結合など)
  • デジタル一眼レフカメラで撮影した生データの現像
  • フォトレタッチ

もちろん、PCの性能(サクサク感)はCPUだけでなく、メモリ容量や内蔵ストレージの性能で大きく変わります。

しかし、多くの低価格ノートPCはメモリが4GB程度、ストレージは64GB程度しかなく、おまけに交換や増設が不可な場合が多い為、低いCPU性能に対して更に足を引っ張る結果になりがちです。

このCPUを搭載しているノートPCを検討される場合、その点をよく考えて決めましょう。

ベンチマークで性能を比較

結論を先に描きましたが、ここからはその理由について簡単に解説しておきます。

下記一覧は、 Celeron N3350 のCPUスコアを中心に、その前後のスコアを持つCPUを表にしたものです。

製品 CPU
スコア
コア
スレッド
クロック数
(定格~最大)
グラフィックGPU
スコア
Core i3 10110U4213242.1GHz~ 4.1GHz Intel UHD Graphics
(第10世代)
1428
Core i5 7200U3359242.5GHz ~ 3.1GHz Intel HD Graphics 620808
Core i5 6200U3034242.3GHz ~ 2.8GHz Intel HD Graphics 520707
Core i3 7100U2774242.4GHzIntel HD Graphics 620808
AMD 3020e2727221.2GHz ~ 2.6GHz Radion RX Vega 31260
Core i7 5500U2705242.4GHz ~ 3.0GHz Intel HD Graphics 5500594
Core i3 4100M2493242.5GHz Intel HD Graphics 4600553
Core i3 3110M1613242.4GHz Intel HD Graphics 4000411
Core i3 2310M 1121 242.1GHz Intel HD Graphics 3000 198
Celeron 4100 1113221.1GHz ~ 2.4GHzIntel HD Graphics 500 271

Celeron N3550 は2016年に発売された少し古いCPUであり、第2世代の Core-i3 の性能しかありません。

Excelやワードなどのオフィス製品、ネットサーフィン、YouTubeやNetFlixなどの動画鑑賞などの用途では何とか使えるレベルです。

一方、グラフィック性能は第2世代のCore-i3 よりは1.5倍程度優れてはいるものの、インテル製CPUの中でもかなり低い方なので、あまり期待は出来ません。

ゲーム用途には全く向いていないため、2Dの軽いゲーム以外は考えない方が無難です。

まとめ

今回は Celeron N3550 の性能について、ネットで公表されているベンチーマークを用いてCore-iシリーズと比較してみました。

このCPUを搭載したノートPCでは、軽い事務作業以外は出来ないと割り切った方が良いでしょう。

3万円出してこのCPUを搭載したノートを購入するのであれば、もう少し頑張って1ランク上の製品を買った方が幸せになれると思います。

この記事が、皆さんのPC購入の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました