【ノートPC選び】INTEL Celeron N4020 の性能は?

パソコン購入
この記事は約6分で読めます。

2万~3万円台の低価格PCでは、そのCPUに Intel Celeron N4020 が数多く搭載されています。

2019年に登場した Celeron N4020 は、少し古いアーキティクチャを採用することで価格を抑えたCPUに仕上がっています。

Intel Celeron N4020 搭載のノートPCはコストパフォーマンスに優れているのか、どの程度の性能を持っているのか、気になる方はこの記事をご一読下さい。

Intel Celeron N4020 とは

2019年に登場した Celeron N4020は、同時期に発売された Celeron N4120 の廉価版であり、2017年に登場した Celeron N4000 の後継製品という位置づけになります。

グラフィック機能は、N4000、N4120と同様の「UHD グラフィックス 600」と呼ばれるグラフィック機能が統合されており、Core-i シリーズでは9世代目の発売時期に重なります。

Celeron N4020 の基本スペックは次の通りです。

CPUコア数:2  スレッド数:2
基本クロック標準:1.1GHz 最大ブースト時: 2.6GHz
グラフィック UHD グラフィックス 600 (300MHz コア12基)

Celeron N4020 は 第3世代のINTEL Core-i3 並み

ベンチマークテストで計測したCPUとGPUのスコアを比較すると、 Celeron N4020 は

2012年に発売されたCore-i3より僅かにリードはしますが、グラフィック性能(GPU)はほぼ互角であるため、CPU性能、GPU性能とも Core-i3(3世代)とほぼ互角だと考えられます。

性能は高いとは言えませんが、それでも一般的な事務作業で使うには十分な性能を持っています。

例えば

  • ワード、エクセル、パワーポイントなどの文書作成
  • メールの送受信
  • ウェブサイトの閲覧
  • 人事や会計ソフトなどの事務処理アプリの利用程度
  • PythonやRuby,PHP、C#やJavaなどのプログラミングの学習
  • 趣味や仕事で使うちょっとしたプログラムの開発

は普通に行えるレベルです。

動作が重いと感じるかもしれませんが、下記の作業も何とか使えるでしょう。

  • Zoomによるテレビ会議
  • 十数分程度のフルハイビジョン画質の簡単な動画編集(カット、結合など)
  • デジタル一眼レフカメラで撮影した生データの現像
  • フォトレタッチ

1つ注意点としては、PCの性能(サクサク感)はCPUの性能以外に、メモリ容量や内蔵ストレージの性能に大きく関わってきます。

最近のノートPC、特に低価格製品はメモリやストレージの増設が出来ない場合が多く、このCPUを搭載した低価格PCを検討されるのであれば、予算が許す限りメモリは8GB以上、内蔵ストレージはSSDの128GB以上の製品を選ぶことをお勧めします。

ベンチマークで性能を比較

結論を先に描きましたが、ここからはその根拠について説明しておきます。

まず下記は、 Celeron N4020 のCPUスコアを中心に、その前後のスコアを持つCPUを一覧にしたものです。

製品 CPU
スコア
コア
スレッド
クロック数
(定格~最大)
グラフィックGPU
スコア
Core i3 10110U4213242.1GHz~ 4.1GHz Intel UHD Graphics
(第10世代)
1428
Core i5 7200U3359242.5GHz ~ 3.1GHz Intel HD Graphics 620808
Core i5 6200U3034242.3GHz ~ 2.8GHz Intel HD Graphics 520707
Core i3 7100U2774242.4GHzIntel HD Graphics 620808
AMD 3020e2727221.2GHz ~ 2.6GHz Radion RX Vega 31260
Core i7 5500U2705242.4GHz ~ 3.0GHz Intel HD Graphics 5500594
Core i3 7020U2601242.3GHz Intel HD Graphics 620808
Core i3 4100M2493242.5GHz Intel HD Graphics 4600553
Celeron 4020 1820 221.1GHz ~ 2.8GHz Intel HD Graphics 600 391
Core i3 3110M 1613242.4GHz Intel HD Graphics 4000 411

Celeron N4020 は2019年の10月に発売された比較的新しいCPUではありますが、古いアーキティクチャを採用しているため、第3シリーズのCore-i3の性能に抑えられています。

それでも、そこそこの性能は持っているので、オフィスやWeb閲覧、YouTubeやNetFlixなどの動画鑑賞であれば、全く問題はありません。

但し、動画再生などはCPU負荷が100%に達したままになることも多く、動画を見ながらWeb閲覧をしたり、Meetでテレビ会議中にExcelやワードで文書を編集するようなケースでは、極端に動作が重くなることが予想されます。

Celeron N4020 のグラフィック性能はインテル製CPUの中でもかなり低く、第3世代のCore-i3とほぼ同じです。

ゲーム用途には向いていませんが、ドラゴンクエストなどの軽いゲームであれば、設定を変更することで楽しめると思います。

まとめ

今回は Celeron N4020 の性能について、ネットで公表されているベンチーマークをもとにCore-iシリーズと比較してみました。

また、このCPUを搭載したノートPCでこなせる作業についても軽く触れました。

Celeron N4000の後継製品とはいうものの性能的にはほとんど変わっておらず、どちらを選んでも大した差はありません。

N4000と同様、文書作成やちょっとしたプログラム開発程度では普通に使えますが、2万円台のノートPCはそもそもメモリ4GB、ストレージ eMMC 64GB の製品が大半であるため、メイン機として使うことは厳しそうです。

この記事が、皆さんのPC購入の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました