【試して覚える】SQLite で Insert 文入門

プログラミング入門
この記事は約3分で読めます。

前回までは select 文によるデータ抽出について解説してきました。

今回はテーブルに新しいデータを登録するための insert 文について解説したいと思います。

SQLを試したい場合は、 こちら からツールのダウンロードをお願いします。

Insert文の書式

Insert 文はテーブルにデータを挿入するための命令です。

書き方はの基本形は次の通りです。

insert into テーブル名(カラム1,カラム2,・・・) values(値1,値2,・・・)

テーブル名の後にカラム名を羅列していて、それと対応するように挿入するデータを羅列するように記述します。

テーブルに存在するカラム名の順番、個数が、values に羅列した値の順番、個数と一致する場合、カラム名の羅列は省略することが出来ます。

insert into テーブル名 values(値1,値2,・・・)

また、一部のカラムに対して値を指定することも可能で、この場合は値を設定したいカラム名と値だけを記述します。

例えば、2つのカラムにだけ値を設定して挿入したい場合は次の様になります。

insert into テーブル名(カラム1,カラム2) values(値1,値2)

注意点としては、テーブルに主キーが設定されている場合、必ず主キーに指定されているカラムと値は記述しておく必要があります。

もし「商品コード」が主キーに指定されている場合は、次の様になります。

insert into 売上データ(商品コード,数量) values (’A000001′,5)

では、さっそく試してみましょう。

Insert文を試してみる

まず、現状のデータを確認するため、売上データを確認してみます。

次のSQLを実行するか、ツール左のテーブル一覧に表示されている「売上データ」をダブルクリックして下さい。

表示された結果を見ると、999件が抽出されたことが分かります。

次に、2020/06/09 に商品コード A000001 の商品が10個売れたと想定して、売上データに1行 insert してみましょう。

売上データには「売上コード」、「商品コード」、「数量」の3カラムしかないので、カラム名を省略することが可能です。

ツールに上記SQLを入力して実行ボタンを押すと、件数が1000になっているのが分かります。

しかし、今 insert した日付(2020/06/09) のデータは表示されていないと思いますので、一覧の「売上日」をクリックしてみて下さい。

この操作を行うと「売上日」で並び替えられるので、1行目に 2020/06/09 のデータが表示されるはずです。

まとめ

今回は insert 文について解説しました。

主キーが登録されている場合、必ず主キーを insert のカラムに入れる必要はありますが、その点だけ注意すれば簡単にデータをinsert できることがお分かりいただけたと思います。

本サイトで公開しているツールを使えば、テーブルを初期値に戻すことが簡単にできますので、気兼ねなく試して頂けると思いますので、どんどん試してください。

タイトルとURLをコピーしました