【簡単解説】Quest2とは?何ができるか知りたい人必見!

当ページのリンクには広告が含まれています。

実は、海外のアクション系/SF系の映画やドラマが大好きで、コロナ前は通勤の行き返りを利用して、タブレットでよく見てました。

ずっと前からOculus Questだったら映画館の様な大画面で楽しめるのかなと気にはなっていたのですが、解像度が1,600×1,440とフルハイより少なく画質が心配だったので、ずっと躊躇していました。

2020年9月にQuest2が発表されてから2年、途中で名前がOqulus から Meta に変わり、度重なるバージョンアップによる画質/安定性向上も図られたので、もうそろそろ買い時かなと思って購入に踏み切りました。

そこで、今回はMeta Quest2が気になっている人向けに、どんなことができるのかについて紹介したいの思います。

目次

Meta Quest2 とは

Meta Quest とは、Facebook Technologies が開発した バーチャルリアリティヘッドセットの商品名です。

2020年10月13日 に初代の Oculus Quest が、2020年10月13日に 後継機であるOculus Quest2 が発売されました。

Facebook が 2021年10月28日に社名を Meta に変更したことに伴い、製品名も Oculus Quest2 から Meta Quest2 に変更されました。

用途としては、VRゲーム、動画鑑賞、VRチャット、バーチャル会議などです。

Quest2の特徴は、本体のみでこれらのことが可能であると共に、パソコンに接続することでPCVRとして使う事もできるという点です。

つまり、ゲーミングパソコンがあれば、Quest2をとパソコンとUSB又は無線接続することで、パソコン用VRゲームが楽しめます。

また、パソコンに接続することで、パソコンの画面をQuest2に投影できますので、これまで24インチや27インチで見ていたものを、とてつもないくらいの大画面で表示することが可能です。

PCに撮りためていた動画を大画面で見たいという用途にはピッタリです。

Quest2の性能を初代Questと比較

Quest2と初代Questのスペックの違いを以下の表にまとめました。

項目Quest 2Quest
ディスプレイLCD(液晶ディスプレイ)OLED(有機EL)
ディスプレイ解像度1832×19201,600×1,440
トラッキング6DoF6DoF
リフレッシュレート90Hz(設定により120Hzも可能)72Hz
IPD調整レンズ部分で調節
(58、63、68mmの3段階)
ヘッドセット底部のスライダーで調整
(無段階)
ストレージ64GBと256GBの2種類
(速度最大 2900 MB/s)
64GBと128GBの2種類
(速度最大 1200 MB/s)
プロセッサSnapdragon XR2(Snapdragon 865相当)
(CPU:Kryo 585/GPU:Adreno 650)
Snapdragon 835
(CPU:Kryo 280/GPU:Adreno 540)
演算性能(FP32)1250 GFLOPS567 GFLOPS
動画デコード性能720p (960fps)
2160p (120fps)
4320p (30fps)
720p @ 240fps
1080p @ 120fps
2160p @ 60fps
動画エンコード性能720p (960fps)
2160p (120fps)
4320p (30fps)
720p @ 240fps
1080p @ 120fps
2160p @ 30fps
Tensor Accelerator
RAM6GB4GB
サイズ
(ストラップを開いた状態)
191.5mmx102mmx295.5mm175mm×103mm×297mm
重さ503g571g
通信規格802.11ax / WiFi6
160MHz 2×2 MIMO
(速度最大 1774Mbps)
オーディオ3.5mmヘッドフォン対応3.5mmヘッドフォン対応
バッテリー駆動時間最大3時間
(ゲームの場合は2時間)
最大3時間
(ゲームの場合は2時間)
充電時間約2.5時間
(付属USB-C電源アダプタ使用時)
約2時間
(付属USB-C電源アダプタ使用時)

ざっくり言うと、Quest2はQuestに比べて

  • CPU⇒2倍
  • GPU⇒2倍
  • 動画処理性能⇒4倍
  • ディスプレイ解像度⇒6倍
  • AI処理性能⇒11倍

の処理能力を持っていることになります。

何ができるの?

最初に、Quest2は、VRゲーム、動画鑑賞、VRチャット、バーチャル会議が主な用途だと申しましたが、これだけだとザックリしすぎなので、もう少し詳しく紹介します。

まず、Quest2を起動すると、次のようメニューが表示されます。

そして、このメニューからゲームを始めとする様々なアプリを呼び出すことができます。

それでは、もう少し具体的に説明していきましょう。

VRゲーム

何といっても一番はVRゲームの豊富さです。

Quest2の中で購入できるVRソフトだけでも300タイトルくらいは存在していて、価格はおおよそ1000円~3000円という具合に非常にリーズナブルです。

これ以外にも、非公式のSideQuestというストアにはざっと数えても200程度のタイトルが用意されています。

SideQuestは開発者がベータ版、もしくは製品版に新機能を追加したときの検証用としてアプリを公開している場なので、無料で遊べるものばかりです。

また、Quest2はPCVRとしても使えることから、「Call of Duty」や「APEX Legends」などでお馴染みのPCゲーム配信プラットフォーム「Steam」が配信するVRゲームも楽しむことができます。

一般的なPCVRはUSBなどのケーブルでパソコンに接続しますが、Quest2は無線でもパソコン接続できるため、さらにお手軽にパソコン用のVRゲームを楽しめます。

専用のPCVRと比べると画質は劣るとは言われますが、比べなければ分からないくらい十分綺麗です。

ブラウザによるネットサーフィン

Quest2にはブラウザが搭載されているので、通常のネットサーフィンが可能です。

パソコンのブラウザと異なるところは、ブラウザ上で表示できる動画は、超巨大な画面で鑑賞できる点です。

Tverなど通常の見逃し配信でドラマはもちろん、YouTubeも大画面で楽しめます。

また、YouTubeで配信されているVR動画(360度含む)も、ちゃんとVRとして再生可能です。

ちなみに、Quest2のメニューにはYouTubeVRというのもあって、これを使うとYouTubeで配信されているVR動画を見ることができます。

Quest2のブラウザでも同様にVR動画が再生できますが、動画の種類(2D、VR,360度VRなど)毎にいちいち切り替える必要があるのに対し、YouTubeVRの方は自動で表示が切り替わってくれるので楽です。

下記の画像は、YouTubeVRの360度動画の一シーンになります。

動画閲覧(バーチャル映画館)

Quest2で動画を大画面で楽しむ方法は複数用意されていますので、順を追って紹介します。

やりたいことによって使うアプリや方法が変わってきますので、ご自身の用途に合わせてお選びください。

動画配信サービスの動画を再生する

Quest2には、AmazonプライムビデオNetFlixUNEXTの映画を大画面で見るためのQuest2専用アプリが用意されています。

特にAmazonプライムビデオのアプリは、バーチャルな映画館を再現していて、映画館貸し切りで好きな映画を見ているような感じになります。

正直、これを見るようになってから40インチのテレビで映画を見る気がなくなってしまいました。

それだけインパクトがあります。

実は、Amazonプライムビデオはフルハイビジョンではなく、ハイビジョン(1280×720)なんですが、まったく気にならないくらい画質が綺麗です。

残念なことに、NetFlixはDVD画質(720×480)であるため、Amazonプライムビデオを見た後でNetFlixを見ると、画質の粗さが目立ちます。

どうもNetFlixのアプリの手抜きのようで、ハイビジョン以上の動画で使われているデジタル著作権保護の暗号化(=DRM)解除が入れられなかったのでしょう。

どうしてもハイビジョンで見たい場合は、Oculus Link (パソコンとの接続)もしくは 有料のVirtual Desktop(2200円) を使ってパソコンのモニタ映像をQuest2で表示し、パソコン上のFireFoxで NetFilx を再生するという方法があります。

尚、Quest2で専用アプリが用意されていないDisney+、Huluなどの動画配信についても、Quest2に内蔵されているブラウザを使えば鑑賞が可能です。

Quest2のストレージに保存されている動画を再生する

Quest2のストレージに動画を保存(コピー)してしまえば、Quest2標準搭載の ファイルマネージャーアプリ「Files」から簡単に再生可能です。

ただ、目の前に置かれた30インチ相当のモニタで見ている程度のサイズなので、少々物足りなく感じます。

もっと大画面で鑑賞したい場合は、「DEO VR」というフリーソフトを使います。

「DEO VR」は、ネット上にある「DEO VR」向けの無料コンテンツを検索、再生することが可能なアプリなのですが、Quest2のストレージに保存された動画を簡単に再生できます。

サイズも自由に可変できますので、自分の好みにあわせた調整が可能です。

パソコンの動画を再生する

動画を見るのに、いちいちQuest2のストレージにコピーするのが面倒、パソコンに保存されている動画を直接再生したいという方には、Oculus Linkでパソコンと接続する方法があります。

具体的には、Oculus Linkの機能でパソコンの表示内容をQuest2に大画面表示できるので、パソコン上で動画再生するだけで、Quest2で大画面で楽しむことが出来ます。

ただ、操作が少々煩雑なのが難点です。

もっと簡単に見るためには、有料ソフトの「SKYBOX」というアプリを活用します。

SKYBOXはメディアプレーヤーとしてQuest2の内部メモリの写真や動画を鑑賞できますが、パソコン版のSKYBOXをインストールすることで、パソコン上の任意のフォルダにある動画を鑑賞することが出来ます。

有料といっても990円なので、パソコンの動画を頻繁に見たい方にとっては買って損はないと思います。

普通の写真を3D化して楽しむ

フリー素材の写真や、スマホやデジカメで撮影した写真を疑似的に3D化し、立体写真としてQuest2上で楽しむことも可能です。

stable diffusion web ui という無料のツールをインストールする必要がありますが、2Dの写真を3D化する「DepthMapScript」という拡張機能を使って普通の写真を3D化できます。

Quest2なら普通の写真も巨大なサイズで鑑賞可能ですが、さらにそれが立体的に見えるのですから、ちょっと感動ものです。

もし興味のある方は、下記の記事をご一読下さい。

VRチャット

VRチャットは、いわゆるメタバースです。

メタバースとは、コンピューターの中に作られた仮想空間とことで、参加者はアバターを通してメタバースに参加し、その世界の中で様々な人とコミュニケーションを図ったり、物の売り買いなどの経済活動を行うことが可能です。

VRチャットは私も初体験なので、どうなるかドキドキしながらアプリをインストールして、実際にやってみました。

色々なワールドがあるようですが、全部英語なのでよくわかりません。

とりあえず適当に入ってみると、なんかホテルのような建物の中に入りました。

廊下や階段などもあり、時々アバターと出くわしますが、英語でしゃべっているので何のことやら・・・

小市民な私は、その場に居づらくなってすぐにワールドから出てしまいました。

また時間を見つけてじっくりレポートしたいと思います。

バーチャル会議

Quest2では、自分の作業スペースをバーチャル空間に作って、そこで仕事をしたり、あるいはバーチャル空間にアバターを登場させてテレビ会議を行ったりすることが可能です。

下の写真は実際の作業スペースの画像になります。

360度見渡せるバーチャル空間上に机とモニタが置かれていて、ここで作業ができるようになっています。

私の場合、パソコンに2台のモニタを接続しているので、バーチャル空間にも2枚のモニタが表示されています。

VRでリモート会議を行うためには「Horizon Workrooms」という無料のアプリをインストールします。

下の写真は、テレビ会議用の専用ルームです。

ここには、大きな黒板(ホワイトボード)とプロジェクターが用意されていて、黒板に文字を書いたりプロジェクターに自分のパソコンの画面を表示することも可能になっています。

また、自分のパソコンの画面を目の前に表示させることもできます。

Quest2の重さが500g あるので、さすがに長時間ここで仕事をするのは難しいかと思いますが、技術の進歩と共に軽量化、高性能化していくのは間違いありません。

あと数年もしたら、いまより快適にバーチャル環境で仕事ができるのではないかと期待しています。

まとめ

今回はMeta Quest2 とはどういうもので、何ができるのかについてザックリ紹介しました。

VRゲーム、動画鑑賞、VRチャットは個人の趣味になりますが、バーチャル作業場やバーチャル会議などは仕事の面でも活用できそうです。

実際、工場見学や危険作業の体験、社員教育用のコンテンツを作る会社も登場しており、パワハラ研修などのコンテンツも既に販売され、活用されています。

低価格化、小型軽量化、バッテリー駆動時間、さらに魅力的なコンテンツなど、爆発的に普及するにはも少し時間がかかりそうですが、それでも趣味でVRゲームや大画面での動画鑑賞などを楽しむには十分です。

とりあえず、私のような映画好きの方は、是非ご検討下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次