【徹底調査】ウェブスト(WEBST)はおすすめ?転職/フリーランス/副業に効果有り?

スクール
この記事は約12分で読めます。

世の中のニーズを分析し、マッチした商品を見つけ、世の中に送り出し、売れるための策を講じるWebマーケター。

このスキルを身に付けると、就職や転職だけでなく、フリーランスや副業で大きく稼ぐことも夢ではありません。

実際に、月収数百万円規模の売り上げを誇るアフィリエイターは、このスキルを使って売上を伸ばしています。

そんな昨今、Webマーケターを目指す人向けの専門スクール「ウェブスト(WEBST)」が脚光を浴びているようです。

そこで、今回はウェブストがどのようなスクールで、Webマーケターを目指すのにお勧めかどうかについて、徹底調査致しました。

Webマーケターで検索してウェブストに辿り着いたけど、どんなスクールなのか、入学しても大丈夫なのか分からず迷っているあなたの為に、この記事を作成しています。

この記事を読み終えたら、きっとモヤモヤがすっきりして、自分が取るべき行動が起こせるようになるでしょう。

web マーケター とは

Webマーケティングは「インターネット上でマーケティング活動を行うこと」です。

テレビやラジオ、新聞、電車広告などのオールドメディアが今までにやってきた広告を、Web上で行うところが異なります。

Webマーケターの仕事の範囲は、市場調査→商品企画→販売戦略→広告運営と幅広いのですが、規模の大小はあれど、個人が商品をネットで販売する、いわゆるアフィリエイトと同じです。

ですから、Webマーケターのスキルを身に付けることは、個人がフリーランスや副業で稼ぐ方法を身に付ける事を意味します。

Webマーケターについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事で解説していますので、一読ください。

web マーケターで必要なスキルと知識

Webマーケターに求められるスキルは「コミュニケーション力」「情報収集力」「情報分析力」「自己管理力」「チャレンジ力」の大きく分けて5つです。

また、必要な知識には以下のものがあります。

マーケティングの知識Webマーケティングに関する全般的な知識
SEO対策の知識Googleサーチエンジンで上位表示されるためのコンテンツ作成知識
Webライティングの知識人に読んでもらい、心を動かす記事を書くための知識
ネット広告の知識ネットで広告を出したり、広告を管理するための知識
アクセス解析の知識Googleアナリティクスを始めとするアクセス解析ツールの使い方の知識
心理学の知識顧客の心理を知るための知識
Webアプリの知識Webサイトやブログの仕組み、構築方法に関する知識
PCの知識PCを利用するための知識

1つ1つを深く理解する必要はありませんが、Webマーケティングで活用できるレベルで、幅広く理解しておく必要があります。

言い換えると、ウェブストのカリキュラムが、これらを網羅しているのかが1つの判断ポイントとなります。

ウェブストとは

ウェブスト(WEBST)とは、WEB広告運用、ホームページ制作、SNSマーケティングなど手掛けるスタートアップ企業「株式会社 Her’s」が2022年7月1日に立ち上げたウェブマーケティング専門スクールです。

運営会社

運営会社の情報を軽く紹介しておきましょう。

運営会社株式会社 Her’s
設立2017年3月
所在地東京都中央区京橋3-9-2 宝国ビル5F
事業内容WEB広告運用(リスティング、SNS、YouTube、Facebook等、デジタル広告全般)
HP/LP・デザイン(HP/LP制作、WEBデザイン、グラフィックデザイン)
メディア運営(HP分析・改善、SEOコンサルティング、コンテンツ制作)
SNSマーケティング(SNS運用代行、SNSコンサル、インフルエンサーマーケティング)
動画制作(YouTube等の動画制作、チャンネル運営、分析・改善)
MEO対策(Googleマイビジネス分析・改善、Googleマップ上位表示、効果検証)
在籍職種WEBマーケター、デザイナー、エンジニア、ディレクター、ライター、
コンサルタント、他

実は、Her’sは Wantedly(ウォンテッドリー)で過去1位になったことがあります。

Wantedlyとは、給料や待遇などの条件ではなく、やりがいや環境で求人者と求職者をマッチングする求人サービスなのですが、Her’sがここに登録して求人募集した際、登録後10か月目でPV数が1位になりました。

つまり、それだけ魅力的な会社であるということですね。

求人の結果、Her’s への就職希望の応募数が、直近2年間で約1万を超えたのですが、残念ながら採用となったものはその中のごく一部でした。

その理由は、応募者の大半がWEB業界での経験不足や、スクール卒業後何の実務経験も無いなど、そもそもの採用基準に満たなかったから。

せっかく意思を持ってWeb業界で働こうと思っても、その実力が無いので採用されない・・・

この矛盾を何とかしようと、市場価値が高い人間を育成するためのスクール設立を思い立ったそうです。

スクールの特徴

①スクール運営はWEBマーケティング会社
 WEBマーケティング会社としての実績をもとにスクールを運営しているため、プロが行なっているノウハウが身に付きます。

②卒業後も継続的な案件提供
 スクールを卒業したら終わりではありません。案件獲得に困らないようにと、継続的な案件提供をしてくれる点は、他のスクールには無い特徴です。

③市場価値が高いマーケターになれる
 カリキュラムを通して、大手企業が行うビジネスの全工程を実践出来るので、市場価値が高いエンジニアになれます。その結果、WEB業界への就職や転職を有利に進めるだけではなく、そのスキルを活かして副業で月数十何万円を稼いだり、フリーランスとして独立するなど、自分に合った働き方が出来るようになります。

YUI
YUI

卒業後も案件を継続して提供してくれるって、嬉しいですね。

でも、どうしてなんでしょう?スクール側にメリットあるのかな?

管理人
管理人

ウェブストは、ASPを目指しているみたいだね。

YUI
YUI

ASPって、広告主とアフィリエイターを仲介する企業、つまりインターネットの

広告代理店のことですよね。

管理人
管理人

その通り!

だから生徒がスキルを上げて案件をどんどんこなしてくれたら、

ASPとしての会社の評価も上がるし、事業としての売上にも繋がるから

卒業生に案件を提供するメリットはあるってことだね。

YUI
YUI

まさにWin-Winの関係ですね!

管理人
管理人

紹介してくれる案件の中には、他のASPでは扱っていない高単価商材も

含まれているらしいよ。

YUI
YUI

いいな~。至れり尽くせりですね。

プラン(コース)

ウェブストには、ライトプラン、ベーシックプラン、コンサルプランの3種類が用意されておりますが、ライトプランはコンテンツ視聴のみしか出来ない為、ここではベーシックプランとコンサルプランを中心に取り扱います。

プラン
(コース)
コンテンツ視聴マンツーマン
レッスン
メンタリングチャット
ワークサポート
収益化
コンサル
ライト××××
ベーシック×
コンサル
  • ライトプラン  :コンテンツの視聴のみ
  • ベーシックプラン:マンツーマンレッスン、メンタリング、チャットワークサポート(4か月)
  • コンサルプラン :ベーシックプラン+収益化コンサル(4か月+3か月)

YUI
YUI

ライトプランって、コンテンツ視聴だけなんですね。

YouTubeなんかで自習してるのとあんまり変わり無いような気が・・・

管理人
管理人

まあ、そうかもしれないけど、体系的に学習できるってところはメリットだよね。

そもそも、Webマーケターのスキルって、何から始めたらよいか見当つかない

人も多いだろうし。

YUI
YUI

確かに。そういう意味では、コンテンツだけ視聴できるプランって意味があるのかも

しれませんね。

管理人
管理人

でも、やっぱり視聴だけだと、質問できないから厳しいよね。

本気でやるなら、最低でもベーシックプランでないとね。

ベーシックプラン

Webマーケターとして必要な知識と広告運用の実践スキルを4か月でマスターするという最も基本的なコースです。

「とりあえず一通りスキルを身に付けて、あとは自力で実践に取り組みたい」という方に向いています。

コンサルプラン

コンサルプランはベーシックプランで実技として学ぶ広告運用の効かなが4ヵ月になり、さらにその間は収益化支援のコンサルが付くというものです。

「スクールを卒業しても自力で収益化を目指すのは不安」という方に向いています。

YUI
YUI

コンサルプランは、収益化のコンサルが付いてくるんですね。

すっご~い!

管理人
管理人

単なる授業の延長じゃないところがポイントかな。

実際に広告運用しながら、収益化のコンサルを受けられるので、本格的に稼げそうだね。

YUI
YUI

車に例えると、教習所を卒業して、自分の車でドライブする時、

横で付き添ってアドバイスしてくれるってことですよね!

管理人
管理人

その通り!どんなに交通量が多くても、怖くないって感じかな。

カリキュラム

ベーシックプラン、コンサルプラン共に4ヵ月のカリキュラムが用意されており、最初の3か月間はマーケターとして必要な基礎知識の習得、残り1か月間は実技ということで実際に広告を回してみるという内容になります。

広告費についてはスクール側が用意してくれますので、カリキュラムで出された課題を行うだけなら、追加の費用は必要ありません。

カリキュラム学習方針主な学習内容
基礎編Webマーケターに必要な知識
を、業界の事情を含めて広く
学びます。
各種ツールの使い方
マーケティング業界について
マーケティングの基礎
目標設定、タスク管理
Webマーケット心理学&Webライティング
マーケティング分析方法
など
サイト制作編自分のメディア(Webサイト)
を制作するための方法と、
LPを作るための方法を学びます。
Webサイトの作成と使い方
ASP登録&商品選定
LP現行執筆
LPデザイン
など
広告運用編Web広告の運用に必要な知識、
及び案件を受注するための必要
を学びます。
Web広告の基礎
Web広告の開設、管理
広告出稿&データ管理
広告データ解析
案件受注の方法
など

カリキュラムの内容は、最初に私が提示した「必要な知識」を全て網羅しています。

つまり、カリキュラム的に過不足は無く、合理的に学べるようになっていると言えるでしょう。

身に付くスキル

実際に売れそうな商品を見つけ、自分専用のメディアにコンテンツを載せて、広告を運用しながら利益を出すという一通りのサイクルが身に付きます。

もちろん、企業のマーケティング部門やマーケティング専門会社のように、大規模な企画や販売戦略を立てられる訳ではありませんが、小規模であったとしても、Webマーケティングに関する一通りのことが実践できます。

正直、このスキルを活かして転職するのもいいですが、いっそ自分のためにこのスキルを活かしてもいいのではないかと思ってしまいます。

何故なら、ウェブストで身に付くスキルは、月収数百万を稼ぐアフィリエイターが必要とし、実際に活用しているスキルだからです。

学費

学費は月額で支払うケースが多いと思うので、参考までに掲載しておきます。

  月額:9,100円(税込)〜  ※60回払いの場合

総額については、一般的なIT系スクールとあまり変わりませんが、詳しくはウェブストにお問い合わせください。

ちゃんとスキルを身に付ければ、スクール在学中に収益化が果たせますので、それと相殺すれば実質の月額日はもっと低くなりますし、逆に利益が出る可能性もあります。

実際に、過去の例では初めの3ヶ月で月8万円、4ヶ月目で月18万円、5ヶ月目で月55万円、6ヶ月目で月110万円の収益化に成功した方もいるようです。

YUI
YUI

IT系スクールだと、60万~100万程度の授業料が普通なので、ウエブストは

相場って感じですね。

管理人
管理人

プログラミングスクールだと、受講期間に案件獲得して、プログラミングで

お金稼ぐって不可能だけど、広告運用ならそれが可能だよね。

YUI
YUI

そうですね。実際の生徒さんの中にも私の月給を遥かに超える収益を

上げた方もいらっしゃるようですから。

管理人
管理人

スクールで頑張ってスキルを身に付けるほど、収益化が見込めるって

画期的だよね。

うまくいけば、逆に儲かってプラスに転じるんだから。

YUI
YUI

そう考えると授業料って、有って無いようなもんですね。

卒業後の進路

ウェブストで学べるスキルは、「インターネットを使ってモノを売る」ためのスキルです。

小規模ではあっても、商品企画~販売戦略~広告運用というウェブマーケターが受け持つ一通りの仕事を学び、実技として体験できます。

このスキルを活かして、転職するもよし、フリーランスになるもよし、副業で稼ぐもよし、あなたが望むスタイルで収益を得られるようになります。

もし就職して企業のために働くなら、さらにスキルを磨き、高いポジションを目指すこともできるでしょうし、もっと大きな商品企画に携わって活躍できるようにもなるでしょう。

また、自分の為に活用するなら、雨の日も風の日も満員電車に揺られて朝早く出勤し、残業でクタクタになりながら夜遅く帰るという日常から抜け出し、自宅に居ながら収入を得て、旅行や趣味に時間とお金を費やすことができるようになります。

卒業後、どういう道に進むのか、身に付けたスキルをどう使うかは、あなた次第です。

結論

ウェブストは出来てまだ新しいスクールなので、今のところ口コミサイトやTwitterによる在学生、卒業生の評価は存在しません。

しかし、Webマーケターとして必要なスキルを身に付けられるプランやカリキュラムが用意されています。

しかも、現役Webマーケターによるマンツーマン指導の下、実技として広告運用を回して収益化するところまで学べるため、より実践に即したスキル習得が期待できます。

以上の事から、

  • カリキュラムで得た収益がWebマーケターとしての実績になるため、転職時のアピールポイントとして活用できる。
  • クラウドソーシングによる案件受注の実技もカリキュラムに含まれているため、フリーランスを目指す方にも最適
  • アフィリエイトで稼ぐ方法も教えてくれるため、副業で収入を得るという方にも最適

という結論に達しました。

後は、あなたの行動次第です。

もしあなたが、本気でWebマーケターに成りたいと本気で願うなら、勇気を出して一歩踏み出してはいかがでしょうか?

まずは無料カウンセリングで相談してみてください。

まとめ

今回は、Webマーケティング専門スクール「ウェブスト」について、色々と調査した結果を記事にしてみました。

ウェブストはWebマーケターが行っている仕事をカリキュラムを通して実践的に学ぶことが出来る以外に、以下の特徴があります。

  • WEBマーケティング会社が運営しているスクール
  • 卒業後も継続的な案件を提供してくれる
  • 市場価値が上がり、働き方が選べる

スクールの費用は決して安いものではありませんが、「インターネットでモノを売るというスキル」を実践を通して教えてくれるスクールは、あまりありません。

もしあなたが、本気でWebマーケターに成りたいと本気で願うなら、是非ウェブストも検討してみて下さい。

この記事が、Webマーケタースクール選びの参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました